国際理解教室「張さんと作る水餃子」を開催しました(レシピも掲載)

12月10日に、国際理解教室「張さんと作る水餃子~皮から作ろう〜」を開催しました。

窓口の中国人スタッフ張さんが、ご家庭で作っている手作り水餃子のレシピで教えてくれます。
(詳しいレシピのPDFはこちら⇒餃子のレシピ

IMG_3467_R本格的に、生地をこねるところから開始です。

IMG_9751_R具は、手ではなくお箸で、一方向に回して混ぜるのがコツ。

IMG_9761_R

生地を伸ばして、餃子の皮を作ります。

IMG_9769_R包み方にも個性(?)が出ますね。

IMG_3482_R皆さん、真剣です!

IMG_9786タレは、黒酢がオススメ。他にも、辣油などお好みでどうぞ。

IMG_9775_R

出来上がった餃子を食べながら、張さんの「中国の餃子」のお話を聞きました。
餃子はお祝いの席には欠かせないもので、特に春節(旧暦の正月)には家族総出で餃子を作るそうです。日本のおせち料理やお雑煮の感覚でしょうか?
また、餃子は中国の中でも北部の食べ物で、南部ではワンタンなどが主流だそうです。
他にも、興味深いお話がたくさんありました。

IMG_9788_R

こちらは、中国の「餅(ピン)」。
今回は中華街で買って来たものですが、自宅でもよく作るそうです。

本格的な水餃子に、美味しく、楽しいひとときでした。(S.O.)

サイトマップ    サイトポリシー


Copyright ©2000-2016 Yokohama Kohoku International Lounge All Rights Reserved.