横浜市の通訳ボランティアのご利用について

<コロナ禍における通訳ボランティア制度について>
(2020.7.18)

通訳ボランティア制度をご利用の方へ
(横浜市立学校及び行政機関)

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、原則対面での通訳は中止しています。
このため、特例を除き、電話による遠隔通訳のご利用となります。
(横浜市の規程により市立の学校・行政機関に於いてはzoom等Web利用の
通訳は出来ません。)
電話による遠隔通訳時は、通訳ボランティアの方に国際交流ラウンジに来て
いただき、依頼者(学校及び行政機関)と電話をつなぎます。
利用可能な固定電話、または携帯電話をご準備願います。

尚、市民通訳ボランティアによる電話通訳で対応が難しい場合、
語学ボランティア制度をご案内する場合もあります。この場合、登録されている
通訳ボランティアの方に了承いただければ対面通訳の検討が可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


市民通訳ボランティアにご登録の方へ(通訳者)

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、原則対面での通訳は中止しています。
学校等での対面通訳は出来ないため、港北国際交流ラウンジに来て、ラウンジの
固定電話を使って電話による遠隔通訳をお願いしています。日時は依頼者と相談
して調整します。
また、特例として乳幼児健診など一部対面を必要とするものもあります。派遣
依頼時に遠隔または対面通訳が可能か否か、お聞きしますのでご回答ください。
denwa_kotei_woman

 

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

港北国際交流ラウンジの語学ボランティアにご登録の方へ(通訳者)

従来は、主に母語を使った初期適応支援(学校生活のサポート、学習支援も含む)
をお願いしていましたが、場合によっては面談等、保護者の通訳(対面:1回限り)をお願いする場合があります。通訳場所は学校になります。
依頼時にお電話で相談させていただきます。

市民通訳ボランテイア(市ボラ)と語学ボランティア(語ボラ)の違い、新規に登録される方はこちら

bg_school_roommedical_mask_man_asia

 

サイトマップ    サイトポリシー


Copyright ©2000-2016 Yokohama Kohoku International Lounge All Rights Reserved.