ニューイヤーコンサート「アルパで巡るラテンアメリカ」(1/21)

1月21日(日)、交流イベントが開催されました。
恒例の新春企画、ニューイヤーコンサート。 今年は「アルパで巡るラテンアメリカ」です。 約70名もの方が来館され、南米の音の響きに酔いしれました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA


アルパは、スペイン語でハープのこと。
日本では中南米の民族楽器としてのハープを総称してアルパと呼んでいます。
17世紀ごろに、スペイン人によって持ち込まれたヨーロッパのハープを
現地の人が真似をして作り、それがそのまま民族楽器として残りました。

今回はパラグアイのアルパを用いての演奏となります。


演奏して下さったのは、峰岸桂子さん。
南米でラテン音楽の心を学ばれたアルパ奏者です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どこかで耳にしたことがある曲や郷愁を誘うようなメロディー、
14曲もの民族音楽に聞き入ってるうち、異国を旅している気分になりました。


なかなか間近で見ることが少ないアルパ。
細部までよく見ることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA


繊細かつ、ヨーロッパのハープよりも力強い音色に魅せられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


途中休憩では、新春恒例のおしるこサービスもあり和気あいあい^^
美味しくいただきました。


旅する素敵なコンサート。
実際に行かなくても旅行気分が味わえた一日となりました。
奏者の峰岸さん、ありがとうございました。
参加者の皆さまにも今年一年幸せが訪れますように。

サイトマップ    サイトポリシー


Copyright ©2000-2016 Yokohama Kohoku International Lounge All Rights Reserved.